UPR/バイオマス素材使用のパレット、4月下旬レンタル開始

2021年04月14日 

ユーピーアールは4月14日、岐阜プラスチック工業およびグレンカル・シナリーと共同でバイオマス素材を使用したパレットを開発し、4月下旬からレンタルを開始すると発表した。

<バイオマス素材を配合したパレット>
20210414upr 520x361 - UPR/バイオマス素材使用のパレット、4月下旬レンタル開始

開発したパレットには、使用不能になったプラスチックパレットを粉砕した再生原料50%に加え、間伐材由来の木粉バイオマス素材を配合したプラスチックを10%使用。

パレットの原料調達にかかるCO2排出量を石油由来プラスチック製パレットの原料調達過程と比較して39%削減、パレット1000枚を製造時の原料調達にかかるCO2排出削減量を9.6トン(杉の木670本が1年間に吸収するCO2量に相当)削減することができる。

ユーピーアールは、新開発したパレット1000枚をレンタル製品として先行導入するほか、今後もレンタル導入枚数を段階的に増やしていく方針。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集