DIC/塗料用樹脂の価格改定、物流費も一因

2021年04月22日 

DICは4月22日、塗料用樹脂全般について5月6日納入分より価格改定を実施すると発表した。

継続する原油価格の上昇や中国の環境規制強化による原料の供給不安に加えて、世界各地の天候不順や原材料メーカーのトラブルにより、アクリル樹脂、ポリエステル樹脂などの塗料用樹脂の主原料となるモノマ類や溶剤等の価格が高騰している。

また、コロナ影響要因も含め各地港湾施設の機能不全による納期遅延や燃料高騰を背景に、ユーティリティーや物流コストも上昇している、としている。

同社では、続騰する原材料価格及び物流コストの上昇を自助努力で吸収することが極めて困難な状況となり、今後の安定供給と事業継続を図るためには価格改定が避けられないと判断したもの。

価格改定幅は塗料用樹脂全般でおおよそ40円/kg以上としている。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集