パナソニック/ビットキーと提携、第1弾は宅配ボックス

2021年05月06日 

パナソニックは5月6日、ハウジングシステム事業部がデジタルキーの先端的な技術を持つビットキーと資本・業務提携契約を締結したと発表した。

提携により、パナソニックは住宅市場で扱う住宅設備や建材商品をビットキーのコネクトプラットフォーム「homehub」とつなげることで、顧客ニーズに対応した商品の開発を加速させる狙い。第一弾として、デジタルキーと連動した宅配ボックスの展開を予定している。

■ビットキー 概要
所在地:東京都中央区京橋3-1-1東京スクエアガーデン14F
創業:2018年8月1日
資本金:68億3692万300円(2021年4月2日時点 資本準備金含む)
事業概要:デジタルコネクトプラットフォームの企画、設計及び開発
Home/Workspace/Experience領域におけるコネクトプラットフォームの開発・販売・運用
上記プラットフォームと連携するプロダクトおよびサービスの開発・販売・運用

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集