名港海運/3月期の売上高5.4%減、営業利益27.1%減

2021年05月13日 

名港海運が5月13日に発表した2021年3月期決算によると、売上高670億5400万円(前年同期比5.4%減)、営業利益35億8000万円(27.1%減)、経常利益43億2200万円(27.3%減)、親会社に帰属する当期純利益43億1800万円(11.1%増)となった。

セグメント別では、港湾運送部門は売上高が395億6800万円(7.2%減)だった。船内と沿岸作業が減少し、取り扱いが減ったことで減収だった。倉庫保管部門の売上高は82億5900万円(4.0%減)で、国内と海外保管貨物の取り扱いが減少したことで、取り扱いが減り減収となった。

陸上運送部門の売上高は、102億9600万円(7.5%減)で、鋼材を中心とした内国貨物輸送が減少し、取り扱いも減少した。航空貨物運送部門は、輸入は減少したが、輸出が航空貨物需要の拡大で増加し、売上高は40億1900万円(27.6%増)となった。

その他の部門は、内航海上運送と梱包作業などの減少で、取り扱いが減少し、売上高は33億1500万円(16.6%減)だった。

次期は、売上高685億円(2.2%増)、営業利益39億円(8.9%増)、経常利益46億円(6.4%増)、親会社に帰属する当期純利益32億円(25.9%減)を見込んでいる。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集