東計電算/物流倉庫で実店舗とEC向け在庫を統合管理

2021年05月26日 

東計電算は5月26日、店舗・卸向けと EC向けの商品在庫を統合管理できる、アパレル業界に特化した倉庫管理システム「CLOWS」を6月1日より提供すると発表した。

<店舗・卸向け 在庫管理画面イメージ>
20210526tokei1 520x264 - 東計電算/物流倉庫で実店舗とEC向け在庫を統合管理

<EC向け 在庫管理画面イメージ>
20210526tokei2 520x263 - 東計電算/物流倉庫で実店舗とEC向け在庫を統合管理

<ウィゴー物流センター イメージ>
20210526tokei3 520x390 - 東計電算/物流倉庫で実店舗とEC向け在庫を統合管理

<ウィゴー物流センター 店別仕分けの様子>
20210526tokei4 520x390 - 東計電算/物流倉庫で実店舗とEC向け在庫を統合管理

CLOWSは、若者向けの古着・アパレルショップ「WEGO」を全国展開するウィゴーと共同で開発した東計電算のWMSパッケージ(倉庫管理システム)で、本年4月よりウィゴーの全国の物流センター4拠点に先行導入されている。

CLOWSは、店舗・卸向けとEC向けの商品在庫をそれぞれに適した条件や作業順にカスタマイズし、システム上で統合管理できるWMS。商品の保管場所や状態に応じて在庫を管理し、任意の優先順位で店舗・卸向けとEC向けに出荷を振り分けることができるので、欠品や返品による販売機会の損失を低減できる。

また、出荷オーダーごとのアイテム数や出荷先数に応じてピッキングと仕分けの方法を選択できるので、効率的な出荷作業を可能にする。当日入出荷や返品在庫の管理のほか、オプションで倉庫内ピッキング業務のウェアラブル端末でのオペレーションの実装など、アパレル物流特有の作業に対処する機能を豊富に備え、パッケージから必要な機能を組み合わせて利用できる。

さらに、倉庫の働き手不足や24時間稼働体制のニーズにも応えるべく、ピッキング業務の自動化に向けた自走ロボットとの連携を進めており、2021年8月にオプション機能としてサービス提供開始を予定している。

なお、EC(BtoC)は少数の商品を個人消費者に直接発送するため、出荷形態や発注ロット数、ピッキング方法、商品状態の判断基準といった在庫管理や倉庫内オペレーションが店舗・卸向け(BtoB)とは異なる。このため、やむを得ずECの在庫を分断して管理している事業者も多く、販売機会の損失や過剰在庫発生のリスク、それぞれの在庫を異なるWMSで管理することによるコストの増大などが導入の課題となっていた。

■「CLOWS」の特徴
https://www.toukei.co.jp/market/warehouse/clows

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集