物流連/次期会長に商船三井の池田会長

2021年06月01日 

日本物流団体連合会は6月1日、次期会長に商船三井の池田 潤一郎会長が就任すると発表した。

<次期会長に内定した商船三井の池田 潤一郎会長>
20210601408 - 物流連/次期会長に商船三井の池田会長

6月29日の定時総会終了後に就任する。池田氏は6月25日付けで日本船主協会の会長にも就任する予定。

会長交代について、物流連の渡邉 健二現会長は「2019年6月の会長就任から間もなく2年が経過しようとしているが、そのうち約1年半はコロナ禍での活動だった。この間、WEBを活用した新たな活動形態が定着しつつあり、対面とリモートの併用でウィズコロナ時代の活動も少し見えてきた感もある」と、これまでを振り返ったうえで「次期総合物流施策大綱の策定過程で議論の中心となったのが物流のデジタル化とDXの推進であり、その前提となる物流標準化をどう進めるか、というものだった。コロナで社会全体が物流の重要性を再認識した今こそ、官民で業界を超えた連携を構築してこれを進めるチャンスであり、池田新体制にこれらを託したいと思っている」と次期会長への期待を述べた。

また、池田次期会長は「渡邉会長の後任としてこれまでの物流連の活動を引き継ぎ、物流事業の根幹をなす安全重視への意識を持って、コロナ禍に伴う社会や物流を取り巻く環境変化を踏まえつつ諸問題に取り組んでいきたい」とコメント。

「若い世代に向けた物流業の役割や魅力の発信」「社会インフラとしての物流機能の強化」「物流分野の環境対策の取組みに注力」「物流事業者の海外展開の支援」の4点を所信として挙げ、これらについて「物流業界や荷主業界と連携し、国など関係先との協力体制をとりながら進めていく」と述べた。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集