日本郵船/CO2回収・貯留技術の国際シンクタンクに加盟

2021年06月10日 

日本郵船は6月10日、二酸化炭素(CO2)回収・貯留(CCS)技術の世界的な利用促進を図ることを目的に設立された国際的なシンクタンク「Global CCS Institute」に加盟することを決定したと発表した。

<CCSの模式図>
20210610nyk 520x293 - 日本郵船/CO2回収・貯留技術の国際シンクタンクに加盟

CCSは、CO2を発電所や化学工場などの排出源で回収し、輸送用に圧縮してから厳選された安全な場所にある陸域や海底下などの岩層の奥深くに圧入し、永久に貯留する技術で、世界中で様々な方法で採用され、温室効果ガスの排出削減に貢献している。

日本郵船は「Global CCS Institute」への加盟により、CCSの開発・展開の動向を密に把握し、圧縮した液化CO2の海上輸送や、洋上設備からのCO2の海底下圧入などの分野でCCSプロジェクトに参加し、脱炭素社会の実現に貢献することを目指す。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集