パーソルHD/グループ会社がAGVの遠隔操作システム開発

2021年06月10日 

パーソルホールディングスは6月10日、グループ会社のパーソルプロフェッショナルアウトソーシングとパーソルR&Dが共同でAGV(無人搬送車)の遠隔操作ソリューションを開発したと発表した。

<遠隔操作ソリューション>
20210610persol 520x378 - パーソルHD/グループ会社がAGVの遠隔操作システム開発

開発したソリューションは、スマートフォンやタブレット端末で遠隔地からAGVの動作状況を監視したり操作することが可能。操作プログラムや拡張ユニットなどを含むAGV活用のための総合的なソリューションで、建設業界や物流(倉庫・運送)業界向けに2022年度中の販売を予定している。

ソリューションの特長としては、AGV単独使用の場合に必要な本体操作が不要。ソリューション拡張ユニットを活用することで、ゲームコントローラーやスマートフォン、タブレット端末でAGVを遠隔操作できる。

拡張ユニットにはカメラを備えており、スマートフォンやタブレット端末などを通じて、AGV視点の映像をリアルタイムで見ることが可能。AGVの速度やバッテリー残量などの状態は、スマートフォンやタブレット端末で監視することができる。

<遠隔監視ソリューションは「サウザー」で動作確認済み>
20210610persol1 - パーソルHD/グループ会社がAGVの遠隔操作システム開発

同ソリューションは、Doog社の協働運搬ロボット「サウザー」で動作を確認している。今後は、2021年度内に「リモートセンシング技術を用いた周辺環境の遠隔監視」「アバターを用いた遠隔コミュニケーション機能」を追加実装するなど高度化を進めながら、遠隔監視・遠隔操作が可能なモビリティやロボットなどを拡充していくとしている。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集