LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

商船三井/外航船に遠隔操作ロボット導入へ、ベンチャーと覚書

2021年08月23日/IT・機器

商船三井は8月23日、ベンチャー企業のメルティンMMI(MELTIN)と、外航海運事業での船舶設備への遠隔操作ロボットの設置・導入を目指し、覚書を締結したと発表した。

<遠隔操作ロボットのイメージ>

覚書は、商船三井の外航海運事業に、MELTINが開発を進める遠隔操作ロボット技術の導入を見据えた共同検討を行うことを目的としている。

MELTINの遠隔操作ロボット技術は、危険作業、長時間作業、高温・低温環境等の人による作業が難しい領域での活用を想定して開発が進められており、同技術の導入によって船員の労務負担軽減を期待している。

商船三井とMELTINは、以前からMELTINの遠隔操作ロボット技術を導入することで、外航海運業界の多岐にわたる課題を解決する可能性について検討を重ねてきた。

また、近年では海上での船舶向け高速通信環境の整備が進み、近い将来にMELTINの持つ遠隔操作ロボット技術とのシナジーが期待されることから、今回、遠隔操作ロボット技術の導入に向けた戦略的な関係の構築と、より詳細で具体的な検討を進めていくこととなり、両社間での覚書締結に至った。

今後は、遠隔操作ロボットや関連技術の導入を検討していく船種や航路の特定に向けた具体的な内容や、海上で必要となる通信技術の導入見通し・要求レベルの検討のほか、実際の使用を想定した実証実験の実施を視野に、両社でさらなる協議・取り組みを推進していくとしている。

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース