商船三井/大型液化CO2輸送船の社会実装の研究開発を受託

2021年06月22日 

商船三井は6月22日、日本CCS調査(JCCS)が新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)から委託される事業の一部、大型液化CO2輸送船の社会実装に関する研究開発について受託する事となったと発表した。

<実証プロジェクト概念図(出典:NEDO)>
20210622mol 520x146 - 商船三井/大型液化CO2輸送船の社会実装の研究開発を受託

同社は本研究開発により、大型液化CO2船の基本的な設計を完了させる予定。

NEDOは2030年頃のCO2回収・有効利用・貯留(CCUS:Carbon Capture, Utilization and Storage)技術の社会実装を視野に、工場や火力発電所から排出されたCO2を活用地や貯留地まで低コストで大量・安全に輸送するための研究開発及び実証事業に着手すべく、2021年3月31日「CCUS研究開発・実証関連事業/苫小牧におけるCCUS大規模実証試験/CO2輸送に関する実証試験」(以下「本実証プロジェクト」)の公募を開始。

JCCS、エンジニアリング協会、伊藤忠商事、および日本製鉄が共同で応募し、この度、採択された。本実証プロジェクトの中で、JCCSがNEDOから委託される事業の一部、大型船社会実装に関する研究開発について、JCCSは商船三井へ再委託する。商船三井は本実証プロジェクトへの参画を通じ、低・脱炭素社会実現へ貢献する。

商船三井はラルビック・シッピング社への出資により液化CO2海上輸送事業に参入しており、本実証プロジェクトへの参画を加え、液化CO2輸送への取組みを更に加速させ、「商船三井グループ 環境ビジョン2.1」で掲げる2050年までにグループ全体でのネットゼロ・エミッション達成を目指すとしている。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集