川崎汽船ほか/CO2船舶輸送の研究開発および実証試験参画

2021年06月22日 

川崎汽船は6月22日、日本ガスライン、お茶の水女子大学と共にエンジニアリング協会の委託を受け、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が公募した事業「CCUS 研究開発・実証関連事業/苫小牧における CCUS 大規模実証試験/CO2 輸送に関する実証試験」に参画し、液化 CO2 海上輸送の社会実装に向けた研究開発に取り組むと発表した。

<検討スコープ>
20210622kline 520x160 - 川崎汽船ほか/CO2船舶輸送の研究開発および実証試験参画

CCUS(Carbon dioxide Capture, Utilization and Storage)は CO2を回収・利用・貯留する技術で、2050年カーボンニュートラル社会の実現に向けて重要な役割を担うことを期待されている。川崎汽船、日本ガスライン、お茶の水女子大学、エンジニアリング協会の4者は実証試験を通じ、液化CO2の船舶輸送技術を確立し、CO2の長距離・大量輸送とCCUS 技術の低コスト化に貢献するとしている。

川崎汽船は LNG、LPG等の液化ガス油槽船の保有・運航に長年にわたり従事し、安全運航や安全荷役の技術と知見を蓄積してきた。また、同社は技術研究組合 CO2フリー水素サプライチェーン推進機構(HySTRA)に参画し、世界初の液化水素運搬船「すいそ ふろんてぃあ」の国内における実証試験にも協力し、カーボンニュートラル社会実現に向けた取り組みを推進している。

この事業では、同社の安全運航・荷役の知見と液化水素運搬船の実証試験の経験を活かし、液化CO2実証船の輸送・荷役時における安全性評価を実施し、技術的なガイドライン策定に取り組む。

川崎汽船グループは、環境に関わる長期指針「環境ビジョン 2050」に基づいてGHG排出削減の取り組みを推進しており、液化CO2の実証事業を通じて、カーボンニュートラル社会の実現に貢献していくとしている。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集