LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

三菱ふそう/スマホでeCanterの運用シミュレーション可能に

2021年07月15日/IT・機器

三菱ふそうトラック・バスは7月14日、電気小型トラック「eCanter」の運用シミュレーションを可能にするアプリ「eTruck Ready App」の提供を開始したと発表した。

<電気小型トラック「eCanter」>
20210715mftb1 520x343 - 三菱ふそう/スマホでeCanterの運用シミュレーション可能に

<eTruck Ready App>
20210715mftb 520x235 - 三菱ふそう/スマホでeCanterの運用シミュレーション可能に

アプリは、Android版、iOS版ともに無料でダウンロード可能。所有するディーゼルトラックの実際の走行データを収集し、そのルートを「eCanter」で走行した場合を可視化したマップを提供することで、EVの導入を検討している顧客に電気トラックの性能や利点を伝える。

シミュレーションは、アプリをインストールしたモバイル端末をトラック内に置くだけで行うことができる。アプリが車両位置や速度、加速度、高度などのデータを走行中に収集し、その情報をクラウド上の「eTruck Ready System」に送信。フリート管理者は、専用ウェブサイトを通じて算出されたシミュレーション結果を確認することができる。

これにより、「eCanter」が1回の充電で通常の走行ルートをどの程度カバーできるのかについて詳細に分析できるほか、架装や外気温、積載量、アイドリング時間などを設定することで、より正確なシミュレーションが可能になる。

このアプリは、車両の電動化に向けた総合的なアプローチのひとつとして、ダイムラートラックが開発したもの。同社は2020年からメルセデス・ベンツブランドの大型電気トラック「eアクトロス」の潜在的顧客に対して、同アプリを利用したコンサルティングを提供している。

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース