オリックス/常石造船の最新鋭エコシップ2隻発注

2021年07月19日 

オリックスは7月19日、常石造船に同社が開発したばら積み貨物船の新型船「TESS66 エアロライン」2隻を、船主として初めて発注したと発表した。

<新型船のイメージ>
20210719orix 520x273 - オリックス/常石造船の最新鋭エコシップ2隻発注

今後、両船は中国の常石集団(舟山)造船で建造され、いずれも2023年の竣工を予定している。

両船ともに、CO2排出量削減に関する環境規制「EEDI(エネルギー効率設計指標)」について、2025年以降の契約船に対する規制である「フェーズ3」(基準値比30%削減)を前倒しでクリアしており、従来船からの環境負荷低減や燃費向上が期待できる。

オリックスは、ファイナンスや投資、売買・仲介などの船舶関連事業を手がけており、現在はばら積み貨物船を中心に25隻の社船を保有し、国内外の穀物商社や電力会社などの大手企業へ提供している。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集