キユーピー/生産拠点の最適化進める、挙母工場2023年生産終了

2021年07月26日 

キユーピーは7月26日、 2023年を目途に、愛知県豊田市の挙母工場でのすべての生産活動を終了すると発表した。

挙母工場で生産する調味料は、大阪府泉佐野市の泉佐野工場・兵庫県神戸市の神戸工場他へ移管し、タマゴ素材品については、グループの生産拠点に移管する予定。

キユーピーグループは、 2021-2024年度の中期経営計画において、 「持続的成長を実現する体質への転換」 をテーマに掲げ、事業計画を進めている。その実現に向けた施策の一つとして、事業・カテゴリーの選択と集中、それに伴う国内の生産拠点の最適化を進めている。

1958年に設立した挙母工場は、現存するキユーピーの工場としては最も古く、老朽化が進んでいる。経年劣化に伴い、維持コストの面でも課題があった。そこで、挙母工場で製造する調味料のうち、生産効率が求められる主力のマヨネーズ・ドレッシングについては神戸工場・五霞工場(茨城県猿島郡五霞町)へ、フレキシブルな対応力が求められる、多品種少量生産の商品については泉佐野工場・中河原工場(東京都府中市)へ移管する。

また、液卵やゆで卵などのタマゴ素材品については、各エリアにおけるグループの生産拠点に移管し、生産効率を高める。このような 移管と集約によって、効率化とフレキシブルな対応力を一層強化し、“持続的成長”の実現をさらに加速させていく。

すべての移管を2023年度中に完了し、挙母工場は生産拠点としての役目を終えるが、雇用についてはグループ拠点への異動を含め、その確保に努める。工場跡地については、有効な活用方法を検討していくとしている。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集