日本郵船、ユニエツクスNCT、三菱倉庫は7月28日、日本郵船が借受けし、ユニエツクスNCTが運営する日本郵船東京コンテナ・ターミナル(NYTT)と、日本郵船が借受けし、ユニエツクスNCTと三菱倉庫が共同運営する日本郵船神戸コンテナ・ターミナル(NYKT)で、全ての荷役機器をゼロエミッション化し、2040年までにカーボンニュートラルを達成する目標を設定したと発表した。

<三井E&Sマシナリーが開発したトランスファークレーン(イメージ)>
20210728nyk - 日本郵船等/2040年までにコンテナターミナルのCO2排出ゼロへ

目標に向けた取組の第1弾として、三井E&Sマシナリーが開発した将来的にディーゼルエンジンから水素燃料電池への換装が可能な最新型のトランスファークレーン4基(高さ25.0m、幅25.82m、定格荷重40.6トン)をNYTTに導入する。

<カーボンニュートラル達成へのロードマップ>
20210728nyk1 520x293 - 日本郵船等/2040年までにコンテナターミナルのCO2排出ゼロへ

日本郵船、ユニエツクスNCT、三菱倉庫が策定したカーボンニュートラル達成へのロードマップでは、今後、約20年間でトランスファークレーンに限らず、化石燃料を動力源とする荷役機器や構内車両の脱炭素化を進め、2040年までにNYTT、NYKTの両ターミナルで稼働する全ての荷役機器、構内車両のゼロエミッション化を目指す。

さらには、ステークホルダーと連携し、ターミナルでの水素燃料活用に向けた取組を加速。また、ガントリークレーンの使用等で必要な電力についても、早期に再生可能エネルギー由来のものに切替え、ターミナル全体のカーボンニュートラルを達成するとしている。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集