福山通運/新路線で「25mダブル連結トラック」運行開始

2021年07月30日 

福山通運は7月29日、「25mダブル連結トラック」での新路線、下関支店(山口県下関市)と福山主管支店(広島県福山市)間においての運行を7月28日から開始したと発表した。

<出発式でのテープカット>
20210730fukutsu1 520x256 - 福山通運/新路線で「25mダブル連結トラック」運行開始

<25mダブル連結トラック>
20210730fukutsu2 520x284 - 福山通運/新路線で「25mダブル連結トラック」運行開始

運行開始に伴い、7月28日に福岡流通センターで出発式を行った。

新路線での運行は、2019年8月に国土交通省から発表されたダブル連結トラックの対象路線の拡充を受けて行うもので、「下関支店~県道57号線~中国自動車道下関IC~山陽自動車道福山東IC~国道2号線~福山主管支店」を走行する。

福山通運では、2017年10月に日本で初めて「25mダブル連結トラック」の運行を開始しており、今回が5路線目となる。

ダブル連結トラックは、1台で通常の大型トラック約2台分の輸送が可能となり、幹線輸送の効率化、ドライバーの労働環境改善とともに CO2排出量の削減による地球環境負荷の低減に貢献することとなる。

また、ダブル連結トラックを運転する可能性のある有資格者(牽引免許保有者)は、1578名(2021年6月末現在)在籍しており、今後さらに台数を増やしていく予定だ。

■これまでの概要
1路線目:2017年10月から「愛知県北名古屋市⇔静岡県裾野市」間で運行開始
2路線目:2019年12月から「栃木県栃木市⇔岩手県北上市」間で運行開始
3路線目:2021年3月から「広島県福山市⇔福岡市東区」間で運行開始
4路線目:2021年7月から「愛知県北名古屋市⇔埼玉県入間市」間で運行開始

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集