オランダ日通/スキポール空港周辺に1.2万m2物流センター

2021年08月02日 

日本通運は8月2日、現地法人のオランダ日本通運がスキポールトレードパーク内で「スキポール・エアポート・ロジスティクス・センター」を7月15日に竣工したと発表した。

<新センター外観>
20210802nittsu 520x378 - オランダ日通/スキポール空港周辺に1.2万m2物流センター

新センターは、欧州の重要ハブ空港「アムステルダム・スキポール空港」から南西部7kmに位置する「スキポールトレードパーク」内に建設。施設規模は現行施設の2倍以上で、屋上に60m×55mのソーラーパネルを設置した環境配慮型の施設となっている。

<医薬品専用温調庫>
20210802nittsu2 520x389 - オランダ日通/スキポール空港周辺に1.2万m2物流センター

<ULDハンドリングシステム>
20210802nittsu3 520x392 - オランダ日通/スキポール空港周辺に1.2万m2物流センター

新センターでは、定温(15~25℃)、冷蔵(2~8℃)、冷凍(-15℃~-25℃)の3温度帯に対応可能な医薬品専用温調庫(315m2)と専用トラックドックを完備し、医薬品産業の物流ニーズに対応。

また、半導体関連装置等の重量貨物や長尺貨物の取り扱いを想定し、20フィートパレットにも対応可能なULDハンドリングシステムを導入することで、大型貨物の取り扱い拡大を目指す。

<7月15日に行った竣工式>
20210802nittsu1 520x394 - オランダ日通/スキポール空港周辺に1.2万m2物流センター

■オランダ日本通運 スキポール・エアポート・ロジスティクス・センター概要
所在地:Contour Avenue 31,2133 LD Hoofddorp, The Netherlands
構造:鉄骨・鉄筋コンクリート造 平屋、一部4階建て(事務所部分)
敷地面積:1万8278m2
延床面積:1万2238m2(倉庫9836m2、事務所2261m2、その他141m2)
主要設備:トラックドック19基、ULDハンドリングシステム2基、CCTV完備、ソーラーパネル、温調庫用バックアップ電源
営業開始日:7月15日
業務内容:航空・海運貨物の輸出入CFS業務、引越業務、クロスドックオペレーション

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集