LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

川崎重工/日本初のLPG燃料推進LPG運搬船を引き渡し

2021年09月01日/IT・機器

川崎重工業は9月1日、KUMIAI NAVIGATION (PTE) LTD(クミアイ ナビゲーション プライベート リミテッド)向けに 8万4000m3型 LPG(液化石油ガス)燃料推進LPG運搬船「CRYSTAL ASTERIA」を引き渡したと発表した。

<CRYSTAL ASTERIA>
20210901kawasakig 520x346 - 川崎重工/日本初のLPG燃料推進LPG運搬船を引き渡し

この船は、LPG と低硫黄燃料油を燃料とする日本初のLPG二元燃料 LPG運搬船。従来の8万4000m3型LPG運搬船にLPG二元燃料主機関を採用した新船型の1番船にあたる。また、同社が引き渡した LPG運搬船としては64隻目となる。

近年、船舶の排出ガス規制への有力な対応策として、重油の代わりに液化ガスを燃料とする船舶の導入が世界的に進んでいる。この船は、温室効果ガスの排出量を削減できるLPGを燃料とすることで、大幅な環境負荷低減が見込める日本初の大型LPG運搬船。

同社グループがこれまで建造してきたLPG運搬船をはじめ、液化天然ガス(LNG)運搬船やLNG燃料推進船の建造で培った知見が活用されている。

今後、同社では、LPG燃料推進LPG運搬船をはじめとした環境規制に対応した各種商船や、次世代エネルギーとして注目されている液化水素運搬船など、地球環境にやさしい船舶技術を開発・提供し、低炭素・脱炭素社会の実現に貢献していくとしている。

■主要目
全長×幅×深さ:229.90m×37.20m×21.90m
満載喫水:11.51m
航海速力:約 17.0ノット
定員:29名
総トン数:4万9145t
載貨重量:5万4922t
貨物倉容積:84,229m3
主機関:川崎-MAN B&W 7S60ME-C10.5-LGIP 1 基
船級・船籍:日本海事協会(NK)・シンガポール
引渡日:8月31日

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース