chaintope/ブロックチェーンで共同配送のトレーサビリティ実現

2021年09月24日 

ブロックチェーン技術の開発を手がけるchaintopeは9月24日、医療機器・材料商社のムトウと、医療機器・材料の共同配送におけるトレーサビリティを実現するための実証実験を実施したと発表した。

<共同配送による物流>
20210924muto 520x249 - chaintope/ブロックチェーンで共同配送のトレーサビリティ実現

実証実験は、ムトウの東京SPDセンターで実施。メーカーから入庫した医療材料のピックアップから卸業者への受け渡しまでの過程をブロックチェーン技術を用いたトレーサビリティサービスで検証。

その結果、各工程のトレーサビリティを正確に記録できることや、各工程でのリードタイムを計測することで物流工程の業務改善に応用できることを確認した。

<トレーサビリティの実証実験>
20210924muto1 520x139 - chaintope/ブロックチェーンで共同配送のトレーサビリティ実現

実証実験で使用したトレーサビリティサービスは、ブロックチェーン技術基盤としてChaintopeの独自パブリックブロックチェーン「Tapyrus(タピルス)」を用いたトレーサビリティサービスとして開発したもの。利用者は、対象商品に貼付された2次元バーコードをスマートフォンでスキャンすることで、トレーサビリティを実現できる。

<スマートフォン画面>
20210924muto2 - chaintope/ブロックチェーンで共同配送のトレーサビリティ実現

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集