セイノーHDほか/上士幌町で先進的なドローン配送実証実験

2021年10月07日 

イノベーションチャレンジ実行委員会と、karch、セイノーホールディングス、エアロネクスト 、経済産業省北海道経済産業局は10月6日~10日に、上士幌町の各地において、ドローンを活用した複数の先進的な実証実験を実施し、10月6日にはドローン観光商品開発・ドローン宅配の2つの実証実験を報道関係者に公開したと発表した。

ドローン宅配の実証実験は日本初だという。

実証は、8月に上士幌町、セイノーHD、電通、エアロネクストの4者が締結したドローンを含む次世代高度技術の活用による「持続的な未来のまちづくり」に関する包括連携協定の、農業・観光・産業・経済の振興、カーボンニュートラルと利便性が両立した持続可能な地域交通・物流の確保と住みやすい環境づくりに関すること、karchと連携した新たな観光コンテンツ開発の「ナイタイテラスにおけるドローンを活用した観光商品開発」に基づくもの。

<グランピングサイトにドローンでドリンクやナイタイ和牛をデリバリー>
20211007seino1 520x371 - セイノーHDほか/上士幌町で先進的なドローン配送実証実験

10月6日に実施した実証実験は、ナイタイ高原牧場におけるドローンを活用した観光商品開発デモ飛行。広さ約1700ha、東京ドーム358個分の面積を誇る日本一広い公設牧場のナイタイ高原牧場で、ドローンを活用した新たな観光商品開発の実証実験を実施した。コルソ札幌協力監修のもと、ナイタイテラス内にグランピング特設サイトを設え、利用者がオーダーしたドリンクと十勝ナイタイ和牛ステーキを麓からドローンで配送した。上士幌の食や大自然とテクノロジーが融合した他にはない唯一な観光体験、ナイタイ高原牧場での特別な過ごし方を演出する観光商品として将来的に実施を検討していくとしている。

<上音更地区を飛行するドローン>
20211007seino2 520x371 - セイノーHDほか/上士幌町で先進的なドローン配送実証実験

<「ごはんセット」を自宅前に届けて飛び去るドローン>
20211007seino3 520x362 - セイノーHDほか/上士幌町で先進的なドローン配送実証実験

<ドローン宅配された荷物をスタッフから受取る大道さん>
20211007seino4 520x371 - セイノーHDほか/上士幌町で先進的なドローン配送実証実験

2つ目の実証実験は、日本初の次世代高度技術活用におけるドローン宅配(個宅への買物代行ドローン配送)。

町市街地から離れた農村地域に住む交通弱者への買物支援を想定し、食料品をドローンで個宅へ配送する実証実験を実施した。この実験は、廃校となった小学校に地元スーパーの荷物を一時在庫したうえで、その中から注文のあった商品を購入者の自宅の敷地内にドローンで直接配送した。上音更地区に住む大道さんは、町がICT活用による地域住民の生活サポートとして実施している「予約制福祉バス」の実証に参加しており、町が貸与しているタブレットからバスを予約し、サークル活動などで市街地までの足として利用している。

今回は、大道さん自身がタブレットから、あらかじめ用意された地元スーパーの食料品の詰め合わせを注文できるアプリを活用し、「ごはんセット」を注文。約2分後には自宅前にドローンが着陸し、大道さんの手に届けられた。

この実証実験は、セイノーHDとエアロネクストが開発推進するドローン配送と陸上輸送を融合した新スマート物流”SkyHub “の社会実装に向けた実証実験で、ドローン宅配(個宅へのドローン配送)は日本初の試みとなる。

その後10月7日~10日の期間中には、ドローン宅配を引き続き上音更地区の複数の個宅へ実施する。さらに、「日本初の牛の検体のドローン配送」の実証実験を実施予定だ。

今回の複数の実証実験の内容は、実験だけに終わらせることなく、今後実際に上士幌町において実用化を目指した取組みとなる。実際に11月頃より、物流インフラとしてのSkyHub導入の第一歩として荷物を集積し一時保管するドローンデポを市街地に設置し、地上配送と将来のドローン配送を想定した買物代行サービスから開始する予定だ。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集