グッドマン/グッドマンビジネスパークの全棟でテナント決定

2021年10月07日 

グッドマンは10月7日、千葉県印西市のグッドマンビジネスパーク内で開発するデータセンター2棟を、シンガポールのデータセンター運営大手であるSTテレメディア・グローバル・データセンターズ(STT GDC)に賃貸すると発表した。

<グッドマンビジネスパークのマスタープラン>
20211007goodman 520x273 - グッドマン/グッドマンビジネスパークの全棟でテナント決定

2棟の延床面積は計6万m2、IT電力は計60MW。グッドマンがコア&シェルを開発し、2棟の建物をSTT GDCに長期賃貸したのち、STT GDCが最先端のデータセンターのフィットアウトと運営を行い、2024年第2四半期に1棟目のサービスを開始する予定だ。

内閣官房の成長戦略会議はイノベーションの推進により国内の経済成長を押し上げることを目指しており、DXはその核心となる分野。また、5Gは2026年までに国内の最も主要な携帯電話技術となり、5Gの加入回線数は2029年までに1億5100万に達すると予測されており、大型のハイパースケールデータセンターは、DXの取り組みと5G通信サービスの拡大を支える重要な役割を果たすことになる。

今回のパートナーシップは、シンガポール、インド、中国、タイ、およびアジアの主要な成長市場で130以上のデータセンターを展開する強力なポートフォリオを有し、リージョナルデータセンターの拠点を拡大するというSTT GDCのコミットメントを示すもの。

STT GDCのブルーノ・ロペス社長兼グループ最高経営責任者は、「今回の投資によって当社は初めて日本のデータセンター市場に参入することになる。5Gサービスの構築とデジタル化の推進が急務とされ、高品質なデータセンターサービスへの需要が高まる市場で、グッドマンと協力してニーズに対応できることを嬉しく思う。グッドマンはインダストリアル不動産の所有、開発、管理を行う世界有数の企業として優れた実績を誇り、STT GDCは最先端のキャリアニュートラルなデータセンターを運営する独自のノウハウを有している。両社の協力によって、拡大する日本の需要に対応する万全の体制が整った」とコメント。

また、同社のニコラス・トー北東アジア担当CEOは、「既に電力が確保されているため、今回開発するキャリアニュートラルのデータセンターは、増大する需要を背景に大規模な施設を必要としているハイパースケーラーや企業の、拡張性に対するニーズを満たすことを目的として設計されている。このプロジェクトによって、日本市場でビジネスの拡大を図るカスタマーと共に当社のビジネスも成長し、 日本のデータセンター市場に優れた価値をもたらすことができると確信している」と述べた。

グッドマンビジネスパークは、複数の物流施設やデータセンターから構成される総合的なビジネスパーク。全施設が竣工すると総賃貸面積は80万m2を超え、資産評価額は3000億円を上回る見込みとなっている。

グッドマンのグレッグ・グッドマンCEOは、「急成長するグローバルデータセンター事業者であるSTT GDC 社をグッドマンビジネスパークに迎え、パートナーとして今回の開発プロジェクトに取り組むことができることを大変嬉しく思っている。入居企業だけでなく地域の方々も利用するアメニティ&リテールエリアを含め、8つのステージに分けて段階的に開発を続けてきたグッドマンビジネスパークは、本賃貸借予約契約の締結によって、全施設の稼働もしくは成約が完了した。STT GDC社とのパートナーシップは、魅力的な立地に高品質な施設を提供してカスタマーのニーズに応えるという、グッドマンのグローバル戦略を反映している。本プロジェクトにもサステナビリティ機能を取り入れ、サステナビリティと最高水準のアメニティをカスタマーに提供するという当社のコミットメントを実践する」と語った。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集