日本アクセス/食品ロス削減運動をサプライチェーンに拡大

2021年10月18日 

日本アクセスは10月18日、「全社を挙げた」食品ロス削減活動が評価され、消費者庁「食品ロス削減推進大賞」で「内閣府特命担当大臣(消費者及び食品安全)賞」を受賞したと発表した。

<食品ロス削減運動をサプライチェーンに拡大>
20211018aiforce 520x292 - 日本アクセス/食品ロス削減運動をサプライチェーンに拡大

同社は全社活動として食品ロス削減に取り組み、受発注改善やフードバンク寄贈など既存の対策から、AIを活用した需要予測導入やインターネットチャネルとの連携など新規性のある対策まで、多様な活動が進み、大幅な食品ロス削減を達成。

2030 年までに食品廃棄物排出量を2016年度比50%削減するという目標を設定。「ロスを出さない」「売り切る」「配る」「リサイクル」の 4 つのフェーズに分けて情報を整理する独自のコミュニケーションツールを開発し、社員研修、対策の情報提供、外部発信等に活用。

自社のロス削減に留まらず、同社の販路を活用したメーカー側のロス削減、小売業者との協業や物流インフラを活用した店舗側のロス削減、商品開発を通じた消費者側のロス削減につながる取組も複数進捗し、サプライチェーン全体に波及する活動に進化させた。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集