ウィルポート/日本政策投資銀行から2億円の資金調達を実施

2021年10月19日 

ウィルポートは10月19日、第三者割当増資により日本政策投資銀行(DBJ)から2億円の資金調達を実施し、併せて同社から取締役1名を迎え入れることとしたと発表した。

同社は、独自の運送事業者ネットワークや物流配送管理システムといった強みを背景とし、消費者が小売店店頭やネットスーパーで購入した商品をそのエリアに密着し担当する配送ドライバーが代わりに自宅まで配達する「お届け事業」を中心に業容を拡大してきた。これまで、大手アパレル流通、大手小売り流通及び大手国内自動車メーカーディーラーとの協業実績がある。

DBJには、今後の同社取り組みが、ラストワンマイル配送領域での地域物流インフラ強靱化に資するほか、時代ニーズに即した配送労働力配置の最適化を通じた同社の競争力強化、ひいては我が国の経済社会の活力の向上に寄与するものとの評価を得た。

これを踏まえ、DBJには同社が発行する優先株式を引き受けてもらい、加えて、取締役1名の派遣ということになった。今後は、同社新事業である「買い物代行事業」向けのアプリケーションや、配送ドライバー向けのルーティングシステムの開発を通じ、消費者の利便性向上のほか、配送効率向上や将来的な主婦パート層等のドライバー起用も見据えた機能拡充に取り組んでいくことで、新たな物流プラットフォームの構築を目指す、革新的な取り組みをさらに進めていくことが出来ると考えている。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集