ヤマト運輸/ドローン医薬品輸送の検証で2自治体と連携

2021年10月22日 

ヤマト運輸は10月22日、岡山県和気町、徳島県那賀町の両自治体と、ドローンを活用した医薬品輸送の実現可能性を検証する連携協定を締結した。

両自治体とは、地域における持続可能な医薬品輸送ネットワークの構築に向け、実際の運用を想定し、物流拠点から病院や調剤薬局までの拠点間輸送にくわえ、処方薬やスペシャリティ医薬なども視野に入れたドローンによる個人宅への配送の実証実験も行い、ドローンを活用した医薬品輸送ネットワークの実現可能性を検証する。

実証実験は、岡山県和気町で11月下旬、徳島県那賀町で2021年度内をめどに実施する予定。

現在、医療分野では、医療技術の発展による個別化医療の進展にくわえ、新型コロナウイルスの影響によるオンライン診療や電話による服薬指導などの取り組みが急速に浸透している。

一方で、処方薬の受け取りは調剤薬局などへ直接取りに行く機会が多く、高齢化の進展で山岳部や地方を中心に配送に対する要望の高まりが想定される。

ヤマト運輸は、15年以上にわたって医療機器や医薬品の流通に関わる物流課題について、調達から流通加工、温度管理を含むトレース管理や配送など、一貫した物流ソリューションを提供。近年では、パートナー企業と連携して、遠隔処方領域での調剤薬局等への物流サービスも提供している。

■連携協定の主な内容
(1)本検証の計画を作成するために必要な情報提供
(2)関係団体、地域住民等への説明、理解、協力の確保
(3)本検証を遂行するために必要な許可の取得支援
(4)処方後の処方箋薬の供給、オンライン診療・服薬指導
(5)卸業者による医薬品輸送
(6)その他、本検証を遂行するために必要とする支援

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集