オープンロジ/STORES運営のヘイと戦略的パートナーシップ強化

2021年10月26日 

オープンロジは10月26日、STORES を運営するヘイと戦略的パートナーシップを強化し、STORESストアオーナー向けに商品保管・配送代行を行う「倉庫サービス」をリニューアルしたと発表した。

オープンロジは、ネットショップ開設サービスSTORES(ストアーズ)を運営するヘイと2018年5月に業務提携し、現在まで多くのSTORES利用者に商品保管・配送代行を行う「倉庫サービス」を提供してきた。STORES 利用者は、STORES 管理画面上で「倉庫サービス」の利用を開始することができ、ネットショップの立ち上げや運営だけでなく、商品保管や配送代行までを一元管理するDXを実現することが可能。

この10月に、オープンロジとヘイが戦略的パートナーシップを強化することで「売れる前の倉庫への支払いをなるべく減らして、販売できたタイミングで支払う仕組み」を構築でき、初めての人にとって始めやすい料金体系を実現できた。

STORESの「倉庫サービス」は初期費用0円、固定費0円で荷物1個から利用できる従量課金型で、料金表がオープンになっているため事前に見積もりを取る必要はない。STORES の管理画面上でアカウントを作成して商品を指定の倉庫へ発送するだけで利用開始できる。その後、STORES の管理画面上で商品の出庫依頼をすれば顧客への配送手配は完了。

また、急に在庫や注文数が増えてもオープンロジが保有する倉庫ネットワークを使い、荷量や規模拡大に合わせた対応が可能なので事業の成長のたびに新たな手続きをしたり、契約をする必要もなくなった。

今後もオープンロジは、ヘイと連携して STORES 利用者の成長をワンストップでサポートしていくとしている。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集