日立物流/第53回全国ドラコンで内閣総理大臣賞受賞

2021年10月26日 

日立物流は10月26日、10 月23 日から24 日にかけて開催された「第53 回 全国トラックドライバー・コンテスト」(主催: 全日本トラック協会)で、同社グループのトラックドライバーが、内閣総理大臣賞をはじめ、各部門で好成績をおさめたと発表した。

<内閣総理大臣賞受賞の島村選手(左)と トレーラ部門優勝の清田選手(右)>
20211026hitachib1 520x398 - 日立物流/第53回全国ドラコンで内閣総理大臣賞受賞

<同社グループの入賞者>
20211026hitachib2 520x311 - 日立物流/第53回全国ドラコンで内閣総理大臣賞受賞

コンテストは、プロトラックドライバーに求められる高度な運転技能と、関係法令及び車両構造等に係る専門的な知識を競い、安全意識の高揚と交通事故防止活動の推進を目的に開催されるもので、各都道府県大会を勝ち抜いた108名の選手が日ごろの業務で培った技能と知識を競い合った。

同社グループからは計9名(4 トン部門:3 名、11 トン部門:3 名、トレーラ部門:3 名)が参加し、4 トン部門では日立物流西日本の島村相美選手(香川県)が総合得点987点、トレーラ部門では日立物流首都圏の清田恭平選手(千葉県)が総合得点986点でそれぞれ優勝した。また、島村選手は、全部門を通じて総合得点1位の選手に贈られる内閣総理大臣賞を受賞した。

また、同社グループからは、4トン部門4位に日立物流西日本の田中 伸也選手、11トン部門5位には日立物流東日本の小松 利光選手、トレーラ部門では常盤海運の青山 道選手が入賞となった。

■概要
名称:第53回 全国トラックドライバー・コンテスト
主催:公益社団法人全日本トラック協会
後援:内閣府、国土交通省、警察庁、自動車安全運転センター、全日本交通安全協会、日本自動車整備振興会連合会
開催日:2021年10月23日、24日
会場:自動車安全運転センター 安全運転中央研修所(茨城県ひたちなか市)
審査方法:学科競技(400 点)、実科競技(600 点) 合計1000 点

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集