LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

伊藤忠商事/陸上輸送分野で再生可能資源の燃料ビジネス拡大

2021年11月01日/物流施設

伊藤忠商事は11月1日、伊藤忠エネクスと、東部ネットワークと協働で、リニューアブルディーゼル(Renewable Diesel(RD)の日本初となる商用運送車向け給油拠点の運用を開始したと発表した。

この取組を契機に、陸上輸送分野における再生可能資源由来の燃料(リニューアブル燃料)ビジネスに本格参入し、サーキュラーエコノミー及び脱炭素社会の実現を目指す。

伊藤忠商事はこの取組で世界最大級のリニューアブル燃料メーカーであるNeste OYJ(NESTE)社グループとの間でRDの日本国内向け輸入契約を締結、伊藤忠エネクス社は国内でのRD輸送及び給油に係る一連のサプライチェーン構築を行った。

これまでは顧客に配送して給油を行ってきたが、新たに神奈川県海老名市の東部ネットワーク社営業所地下タンクを利用した給油拠点の運用を開始することで、周囲に製造工場/物流拠点を持つ企業が給油拠点で直接給油することが可能となり、より多くの企業に陸上輸送分野でのGHG排出削減を可能にするRDを利用できることになった。RDの給油拠点設置は日本で初めてとなる。

今回販売するNESTE社のRDは食品競合のない廃食油や動物油等を原料として製造され、ライフサイクルアセスメントベースでのGHG排出量で石油由来軽油比約90%削減を実現する。RDは主に輸送用トラック・バス等で使用され、既存の車両/給油関連施設をそのまま利用することが可能な「ドロップイン」燃料として既に欧米を中心に広く流通実績がある。輸送業界での脱炭素に向けた取組では、EVやFCVの活用施策が検討される一方で、その社会実装まで時間がかかると見込まれており、現状すぐにGHG排出削減に貢献できるRDの活用は、商用運送車を有する多様な企業から注目を集めており、このたびの給油所設置の取組はその需要にこたえる施策となる。

日本国内でのRDの先行取組として、本年6月にファミリーマートで日本初となるコンビニ配送車両への利用を実現、さらには、APモラー・マースク社による国内コンテナドレージ輸送車両への利用、三愛石油による羽田空港内の施設関連車両への利用と広がりを見せており、脱炭素施策に係る導入コストを最小限に抑え、GHG排出削減にも大きく貢献できる次世代リニューアブル燃料として、今後陸上輸送分野において更なる利用拡大が期待されている。

伊藤忠商事は、中期経営計画の基本方針のひとつに『「SDGs」への貢献・取組強化』を掲げて おり、今後もリニューアブル燃料の日本及びアジア市場での導入/普及に取組み、サーキュラーエコノミー及び脱炭素社会・持続可能な社会の実現に向けた課題の解決を目指していく、としている。

■東部ネットワーク海老名営業所
住所:神奈川県 海老名市 杉久保南5-14-15
アクセス:海老名IC (首都圏中央連絡道) から車で10分

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

物流施設に関する最新ニュース

最新ニュース