LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

大和ハウス/埼玉県坂戸市で9.2万m2物流施設着工

2021年11月05日/物流施設

大和ハウス工業は、埼玉県坂戸市でマルチテナント型物流施設「DPL坂戸II」を7月に着工した。

<完成イメージ>
20211105daiwa 520x293 - 大和ハウス/埼玉県坂戸市で9.2万m2物流施設着工

「DPL坂戸II」は、免震システムや非常用自家発電機を設置したBCP対応のRC+S造の地上4階建て。敷地面積4万8357m2、延床面積9万2639m2の施設で、2023年1月の竣工を予定している。

テナントは最大8社まで入居可能で、1社による全棟利用にも対応。施設内にはテナント従業員のための保育施設を完備するほか、地域住民も利用可能なカフェテリアや無人コンビニエンスストアも設置する。

建設地は、2020年3月に竣工・稼働済みの「DPL坂戸I」の関越自動車道を挟んだ北西に位置し、高速道路からの視認性が非常に高く、関越道「坂戸西スマートIC」直結とアクセスも抜群で、多くのテナント企業の引合いが見込まれる。

■「DPL坂戸II」概要
建設地:埼玉県坂戸市西インター2-2-1、2-2
アクセス:関越自動車道「坂戸西スマートIC」直結
敷地面積:4万8356.80m2
延床面積:9万2638.99m2
構造:地上4階建て/RC+S造
床荷重:1.5t/m2
駐車場:乗用車233台、トラック待機場10台
竣工時期:2023年1月予定
<物件概要の詳細はこちら>

■問い合わせ
大和ハウス工業 東京本店建築事業部 担当/稲垣
〒102-8112 東京都千代田区飯田橋3-13-1
TEL:03-5214-2200

■大和ハウス工業が開発するマルチテナント型物流施設
https://www.daiwahouse.co.jp/business/logistics/dpl.html

関連記事

物流施設に関する最新ニュース

最新ニュース