LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

三菱地所/大阪府交野市に冷凍・冷蔵機能を備えた物流施設着工

2021年11月15日/物流施設

三菱地所は11月15日、大阪府交野市星田北で、冷凍・冷蔵機能を備えた物流施設「ロジクロス大阪交野」を同日着工したと発表した。

<ロジクロス大阪交野 外観パース>
20211115mitsubishig 520x321 - 三菱地所/大阪府交野市に冷凍・冷蔵機能を備えた物流施設着工

竣工は 2022年11月の予定。竣工後は、荒木運輸が一括で借り上げることが内定している。

「ロジクロス大阪交野」は、地上4階建てのBTS型物流施設であり、冷凍・冷蔵・常温の3温度帯に対応した冷凍・冷蔵倉庫となる。また、国土交通省が定めた「建築物の省エネ性能表示のガイドライン(建築物のエネルギー消費性能の表示に関する指針)」に基づく第三者認証制度の一つである「BELS」を取得予定。

交野市は、京都府と大阪府のほぼ中央に位置する希少性の高い大阪内陸部の物流適地であり、大阪都心(梅田駅)から 20km 圏内、京都都心からも 30km と二大消費地をカバーするエリア。また、名神のバイパスであり産業集積地門真へのダイレクトアクセスが可能な第二京阪道路「交野南 IC」、「寝屋川北 IC」に近接しており、大阪・京都へスムーズに到達できるため、広域配送も可能。最寄駅であるJR学研都市線「星田」駅から徒歩約10分、また駅周辺には居住性がみられることから雇用を確保しやすい環境にある。

同社は、物流事業へのニーズの多様化に対応し、開発事業を進めている。昨今のライフスタイルの変化やコロナ禍での巣ごもり需要の高まり、既存施設の老朽化などから、冷凍・冷蔵倉庫の需要は今後も拡大が期待されているが、あらゆるテナントニーズに対応すべく、冷凍・冷蔵倉庫の展開にも積極的に取り組んでいくとしている。

■概要
名称:ロジクロス大阪交野
所在地:大阪府交野市 東部大阪都市計画事業 星田北土地区画整理事業10街区7-1~70画地(仮換地)、9画地(保留地)(地番)
アクセス: (自動車)第二京阪道路「交野南 IC」より約 1 km 第二京阪道路「寝屋川北 IC」より約1km
(電車)JR 学研都市線「星田」駅より徒歩約10分
施設形態:BTS型
規模・構造:地上4階建・ボックス型、S造
敷地面積:約1万200m2(約3100坪)
延床面積:約2万800m2(約6300坪)
着工:2021年11月15日
竣工:2022年11月(予定)

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

物流施設に関する最新ニュース

最新ニュース