鴻池運輸/KONOIKEグループ 「統合報告書2021」 を完成

2021年11月25日 
関連キーワード:

鴻池運輸は11月24日、ステークホルダーにとって価値ある存在で有り続けるための KONOIKEグループの財務・非財務資本の強みや価値創造プロセス など をまとめた「 KONOIKEグループ『統合報告書2021』 」を制作、 KONOIKEグループ Webサイト( IRライブラリー上で同日より公開した。

なお、英語版は2021年12月下旬に公開予定。

今回の報告書は、 この140年以上にわたる企業理念に基づく活動実績を振り返り、創業以来受け継がれてきた事業活動を通じて社会課題の解決に貢献するというKONOIKEグループの原点、DNAを より具体的に示すとともに、サステナブルな社会の実現に向けて、新たな価値創造に取り組む現在の姿や将来への考え方など、事業概要から経営陣の想いまで、幅広く理解を得るための内容となっている。

<「 DNA」紹介ページ>
20211125konoike1 520x369 - 鴻池運輸/KONOIKEグループ 「統合報告書2021」 を完成

<「サステナビリティ推進体制」紹介ページ>
20211125konoike2 520x371 - 鴻池運輸/KONOIKEグループ 「統合報告書2021」 を完成

「 KONOIKEグループ 『 統合報告書 2021』 」の大きなポイントである同社グループの原点を紹介するページを新たに作成。創業者・鴻池忠治郎から脈々と受け継がれてきたDNAを引継ぎ、創業以来 140年以上にわたり、 発展を続けてきた歴史を紹介している。ブランドプロミスである「期待を超えなければ、仕事ではない」にも通ずる鴻池運輸の企業理念の原点をでもある。

また、サステナビリティ推進体制の説明も大きなポイント。今般、これまでの企業理念に基づく活動実績を踏まえつつ、社会課題としてますます大きくなるサステナビリティを巡る課題への対応、およびSDGsの多面的な目標に対する貢献をより具体的に推進するため、グループ共通の指針となる「サステナビリティ基本方針」を制定した。

さらに、この基本方針に基づく具体的な事業活動を推進していくため、取締役会のもとにその諮問機関として「サステナビリティ 委員会」を設置。次期中期経営計画においては、この方針および体制の下、具体的な取り組み強化を全部門で推進していくとしている。

■「KONOIKEグループ 『 統合報告書 2021』 」
https://www.konoike.net/ir/

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集