日通/国内のCO2排出量を可視化するサービスを開始

2021年11月30日 
関連キーワード:

日本通運は11月30日、国内の 輸送にともなう CO2排出量を可視化し、顧客のESG経営をサポートするサービス 「エコトランス・ナビ」を11月30日から開始すると発表した。

<作成できるレポート例>
20211130nittsu 520x273 - 日通/国内のCO2排出量を可視化するサービスを開始

「エコトランス・ ナビ」は、 トラック輸送が物流の主体となっている顧客へ、過去の輸送データをもとに現行輸送モードを環境にやさしい鉄道・ 海上輸送にモーダルシフトした場合のCO2排出量削減効果をレポート化するサービス。

既に鉄道輸送や海上輸送を利用している顧客には、過去の輸送データからトラックなど他の輸送モードでの輸送を想定したCO2排出量を試算・比較し、現在の「環境貢献度」を見える化することができる。

また、「エコトランス・ナビ」で は、国土交通省への物流効率化法申請書、資源エネルギー省への特定荷主定期報告書など の所定書式に計算結果を記載し、公的機関への提出書類に 活用できるため、顧客の事務作業を軽減する。

同社は、本年10月に同社WEBサイトにおいて国内の最適輸送モードが検索できる「ワンストップ・ナビ」を開発し、輸送単位ごとに地図データと連携した正確なCO2排出量を算出するサービスを開始した。

今般開発した「エコトランス・ナビ」は、「ワンストップ・ナビ」のCO2排出量の見える化を更に進化させたサービス。顧客の過去一定期間(月間・年間など)の輸送データをもとに、同社を利用した場合の現行輸送モードと鉄道・海上輸送モードのCO2排出量の差異を可視化し、公的機関へ提出するレポート作成を支援する提案型サービスだ。

なお、顧客から提供してもらうデータは集荷、配達先の住所(郵便番号があれば、より正確な距離の算定が可能)、貨物の個数、貨物の重量、現在の輸送モードとなる。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集