川崎汽船/AIを活用した契約書管理プラットフォームを導入

2021年12月01日 
関連キーワード:

川崎汽船は12月1日、Evisort社が提供するAIを活用した契約書管理プラットフォーム「Evisort」を導入すると発表した。

<Evisort機能概要>
20211201kline 520x294 - 川崎汽船/AIを活用した契約書管理プラットフォームを導入

川崎汽船では、グローバルに事業運営を展開しているため、膨大かつ多種多様な契約書を締結しており、その管理やリスクマネジメントに多くの労力を費やしてきたが、Evisortを導入し、クラウド上で契約書を一元管理することで、業務効率の改善を図る。

また、社内の業務システムと連携しながら、契約書の作成・交渉から承認、契約締結後の管理や報告といった複雑で分断されているエンドツーエンドの契約ライフサイクルを最適化・標準化する。最先端のAIによって、海上輸送や物流特有の契約書でも即座に検索・分析可能とし、契約締結に係るリスクを即時に認識し管理できる体制を構築する。

Evisort社は、2016年にハーバード大学ロースクールとマサチューセッツ工科大学の卒業生により創業。米国のシリコンバレー本社を持ち、企業内の膨大な契約書類をクラウド上にデータ化することで従来の契約管理業務を最適化するソリューションを提供している。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集