LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

オリックス不動産/千葉県市川市で2.4万m2物流施設着工

2021年12月15日/物流施設

オリックス不動産は12月15日、千葉県市川市でマルチテナント型物流施設「市川塩浜IIロジスティクスセンター」を着工した。2022年11月末の竣工を目指す。

<市川塩浜IIロジスティクスセンター外観イメージ>
20211215orix 520x320 - オリックス不動産/千葉県市川市で2.4万m2物流施設着工

<広域地図>
20211215orix1 520x435 - オリックス不動産/千葉県市川市で2.4万m2物流施設着工

「市川塩浜IIロジスティクスセンター」は、首都高速湾岸線「千鳥町IC」から500m、東京駅まで20km、大井ふ頭まで23km、羽田空港まで30kmと、都心から広域までさまざまな配送に対応可能な施設。最寄りのJR京葉線「市川塩浜駅」から徒歩12分と通勤利便性を備え、雇用確保の面でも優位性を有する。

建物は延床面積2万4140m2、地上4階建てのマルチテナント仕様で、最大2テナントが入居可能。1階には44台の大型トラックが同時接車可能な両面バースを構えており、配送拠点としてスムーズな入出荷を実現する。

また、環境に配慮し、太陽光発電設備の実装や「CASBEE」Aランクの取得を予定している。

■「市川塩浜IIロジスティクスセンター」概要
所在地:千葉県市川市塩浜2-16-6
交通:首都圏高速湾岸線「千鳥町IC」500m、JR京葉線「市川塩浜駅」900m
敷地面積:1万1878.50m2
延床面積:2万4141.30m2
規模・構造:地上4階建て S造
駐車場:普通車15台、トラックバース44台、大型トラック待機場7台
その他:床荷重1.5トン/m2、梁下有効高5.5m以上、全館LED、非常用発電機、太陽光発電設備(予定)、EV普通充電器を敷地内に設置
設計・施工:鴻池組
着工:12月15日
竣工:2022年11月末(予定)

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

物流施設に関する最新ニュース

最新ニュース