LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

日新/超低温保冷容器の輸送状態可視化、国際輸送実験

2021年12月31日/3PL・物流企業

  • 関連キーワード
  • 日新

日新は12月29日、スズケングループと共同でパナソニックの真空断熱保冷ボックス「VIXELL(ビクセル)」を活用し、医薬品の国際輸送を想定した輸送実験を実施した。

<輸送フロー>
20211229nishin 520x324 - 日新/超低温保冷容器の輸送状態可視化、国際輸送実験

国際輸送、国内輸送における今後ニーズが見込まれる国際間の医薬品輸送について、高断熱構造で長時間保冷を可能にする「VIXELL」と日新が導入を検討するIoTデバイスを組み合わせた輸送実験を行った。

コロナ禍によるワクチン輸送など、医薬品の国際輸送ニーズが増大しているが、GDP(医薬品の適正流通)導入が進み厳格な温度管理が求められ、高品質な超低温輸送を実現し、加えて輸送状態の可視化サービスが望まれている。

実験は、スイス・バーゼルからスズケン・阪神物流センター(神戸市北区)まで2021年9月14日~9月22日に行った。

パナソニック製「VIXELL」Lサイズ 1台、Sサイズ 1台(計2台)にIoT機材ゲートウェイとセンサータグを使用して、容器内温度をドライアイスでマイナス60度以下に設定したうえで、親機に国際ローミング可能なSIMを挿入し、センサータグを「VIXELL」の外面のポケットに設置して、測定ポイントを通過する際に計測を実施した。

検証内容は、「VIXELL」の温度維持能力試験と海外、国内でのIoT通信とタグのセンサー機能の検証(温度、湿度、照度、傾き、衝撃度ならびに充電残量)と、国際一貫輸送における許認可、通関上の課題・問題点。

さらに、9月23日から10月4日までVIXELLの保温機能の実験として日新・京都営業所(京都府下京区)で保管し計測を継続した。

検証の結果、マイナス60度の保温時間について、Lサイズは19日+3時間 、Sサイズは9日+12時間に渡ってマイナス60℃を保持することが確認した。

3か国それぞれの計測ポイントでIoT通信データ取得し、センサータグが計測したデータがスイス、ベルギー、日本の各ポイントから通信網を通じてクラウドに格納され、スズケン・阪神物流センター到着前にセンサー情報(温度、湿度、照度、傾き、衝撃度ならびに充電残量)をインターネット管理画面で確認できた。

事前に税関に相談を行い、「VIXELL」を「通い容器」として申告し、免税で輸入許可を得ることができた。

今後、実証輸送の結果をパナソニックの「VIXELL」HPで公開するとともに、3社の実証実験で得た知見やノウハウを活かし、医薬品業界のニーズに沿った国際物流の実現に向けて取り組んでいく。

■パナソニックの公開URL
https://www.panasonic.com/jp/business/vixell/application/international_02.html

関連記事

3PL・物流企業に関する最新ニュース

最新ニュース