+A/山善の物流現場に仕分けロボットをRaaS提供

2022年01月13日 
関連キーワード:

プラスオートメーション(+A)は1月13日、生産財や消費財の専門商社である山善の日用品の店舗仕分け現場に、可搬重量15kgのクロスベルト型仕分けロボット「t-Sort cb15」24台を活用した「RaaS(Robotics as a Service)」の提供を開始したと発表した。

<山善のt-Sort導入事例>

従来、クロスベルト型t-Sortシリーズは段ボールやオリコンなど箱物貨物の仕分け現場で活用されていた。今回の現場では、ロボットに走行中の商品の滑りや落下を防止する補助材を加えたほか、ハンモックシュートを仕分け先に採用することで、さまざまな形状を持ち、取り扱いに注意が必要な日用品のピース仕分けの自動化を手軽に実現した。

加えて、+A独自開発システム「+Hub」を標準搭載した手仕分け機能を活用し、ロボットシステムによる仕分けに向かない重量物・⾧尺物の人手による仕分け処理も一元管理を可能にした。

また、商品だけでなく、梱包箱に同封する納品書もロボットで仕分ける仕組みを導入し、人的ミスを防止。そのほか、t-Sortシリーズの稼働に必要な100Vの汎用モバイルバッテリーを常設し、停電時等のBCPを強化した。

今回の取り組みについて、山善 家庭機器事業部SCM部で導入責任者を務める亀山啓太氏は「物流業務で自動化設備の検討を積極的に進めてきたが、取り扱う商材の荷姿が多様で、雑貨の物流に適した自動化設備がピースソーター以外に無い状態だった。今回、+Aのt-SortをRaaSの形で利用することで、将来拡張が可能で荷姿に適した最適な自動化が実現できた。設置作業開始から実戦投入まで、トレーニング期間を含めて1週間で立ち上げ、作業員も従前の12名から5名まで削減し、作業生産性も3倍にすることができた」と成果を説明。

また、SCM部の花折 卓弥部⾧は「t-Sortの導入を皮切りに自動化設備や最新のロボットを導入し、省力化による労働環境の改善に努めたい」とコメントした。

今回の導入完了をもって、+Aの累計ロボット導入台数は1500台を突破。同社では、今後も日本全国のあらゆる物流現場の課題に寄り添い解決しながら、物流の高度化に寄与していくとしている。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集