LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

飯野海運/AIで船舶のCO2排出量を管理

2022年02月04日/IT・機器

PR記事

飯野海運は2月4日、シリコンバレーを拠点とするAIスタートアップ企業Bearing社のCII(Carbon Intensity Indicator)最適化ツールを活用したCO2排出量管理を開始すると発表した。

<米国Bearing社が開発したCII最適化ツール>
20220204iino 520x311 - 飯野海運/AIで船舶のCO2排出量を管理

CII最適化ツールは、飯野海運の長年にわたる運航や船舶管理の知見と、Bearing社の高精度なAIパフォーマンスモデルを組み合わせて開発したもの。

高精度な運航性能把握のみならず、足元のCII格付けのリアルタイム把握に加え、将来のCII格付けを予測し、さまざまな運航シナリオ(海象・気象を考慮した航路のこと)におけるCO2排出量を可視化することができる。また、各船が目標とするCII格付けを達成するための対策と効果を定量化する機能もある。

海運業界では温室効果ガス(GHG)排出量削減の取組みを強化しており、2023年1月からは燃費実績の格付けであるCII規制が施行され、海運会社には環境に一層配慮した船舶の運航が求められる。

飯野海運は、中期経営計画でサステナビリティへの取組みを重点強化策の一つに掲げ、温室効果ガス削減など環境負荷低減のための取組みを進めている。

CII規制は、A~Eの5段階で毎年の燃費実績を評価・格付けし、一定の評価を下回った船に改善計画の提出と主管庁による認証を義務付けることで、継続的な省エネ運航を促進させることを目的とした規制。

関連記事

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース