LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

住友商事/日本初、物流施設に米View社のスマートガラス導入

2022年02月22日/IT・機器

住友商事は、物流施設「SOSiLA」シリーズに米View社が開発するスマートガラス「View SmartWindows」の導入を決定した。

<SOSiLA中央林間 外観イメージ>
20220222sumitomo 520x319 - 住友商事/日本初、物流施設に米View社のスマートガラス導入

<1階ラウンジエリア イメージ>
20220222sumitomo1 520x293 - 住友商事/日本初、物流施設に米View社のスマートガラス導入

第1弾として、2022年8月に竣工予定の「SOSiLA中央林間」への設置を予定している。

View社はシリコンバレーで2007年に創立された「Healthy Sustainable Smart」をテーマにスマートガラスを開発・展開するテック企業。スマートガラスの導入は日本の物流施設で初の試み。

「View Smart Windows」は、屋上に設置したセンサーとAIを利用し、日射量や屋外の状況に応じて窓の色を自動調整することで、差し込む光量を最適化する。空調や照明によるエネルギー消費を最大で20%削減する効果が期待でき、ブラインドを開閉する人的作業負担を軽減する。

SOSiLAシリーズでは、これまでにLED照明の採用・屋上緑化・太陽光パネル設置・外壁素材への断熱材使用など、環境に配慮した施設づくりに取り組んできた。

今回、SOSiLAの語源である「Sociability(社会とのつながり)」「Sustainability(環境への配慮・持続的成長)」「Individuality(人と労働環境への配慮)」をテーマとした新たな試みとして、スマートガラスの導入を決定した。

住友商事 物流施設事業部の担当者は、「ECの台頭で物流施設の需要はかつてないほどに高まっている。テクノロジーを駆使した最新鋭の物流施設は、人と地球への配慮であると同時に株主の利益にもつながる。我々は、エネルギー効率を高め、従業員の福利厚生を向上させ、倉庫の生産性を高めるために、『View Smart Windows』を導入した」とコメントしている。

SOSiLAシリーズでは、今後もView社とのパートナーシップを継続し、SDGsを意識した施設開発を進める方針。そのほか、直近竣工予定のSOSiLA中央林間では、労働環境・地球環境への配慮をテーマに、リサイクル素材を使用した家具選定・無人売店の導入・女子トイレのパウダールーム併設などの試みを実施する予定だ。

■View社 概要
所在地:米国・ミルピタス本社
HP:https://view.com/

■SOSiLA中央林間 物件概要
所在地:神奈川県大和市中央林間西3-7-1
交通:小田急線・東急田園都市線「中央林間駅」(1.9km、徒歩17分)
アクセス:横浜町田IC(4.8km、車で10分)
延床面積:11万2407m2(3万4003坪)
竣工:2022年8月31日(予定)

■SOSiLA ホームページ
http://sosila.com/

関連記事

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース