LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

三菱造船/アンモニア・液化CO2兼用輸送船の船型コンセプト決定

2022年04月18日/IT・機器

PR記事

三菱造船は4月18日、商船三井との協業によって、アンモニア輸送と液化CO2(LCO2)輸送を兼用可能な「アンモニア・液化CO2兼用輸送船」の船型に関するコンセプトスタディーを完了したと発表した。

<「アンモニア・液化CO2兼用輸送船」のイメージ図>
20220418mitsubishizousen 520x293 - 三菱造船/アンモニア・液化CO2兼用輸送船の船型コンセプト決定

コンセプトスタディーを実施した「アンモニア・液化CO2兼用輸送船」は、往路でアンモニア、復路でLCO2を輸送する運用を目指すもの。それぞれの専用船を用いた場合、通常復路は空荷で運航することになるが、兼用化によって空荷での運航をなくし、全体の輸送効率を向上することが期待される。

アンモニアは、安定的なクリーンエネルギーとして将来的な活用が見込まれており、海上輸送が増加すると予想されている。また、LCO2船は低・脱炭素社会を実現する手段の一つとして注目されているCCUS(Carbon dioxide Capture, Utilization and Storage)のバリューチェーンにおいて、回収し液化したCO2を貯留地や有効利用地へ効率的に輸送する手段の一つとして重要な役割を担う。三菱重工グループでは、CCUSによる2050年時点のCO2削減量を年間43~130億トンと想定している。

三菱造船は、今回得られた知見や技術課題を踏まえてさらなる技術開発を行い、今後も幅広く海事関連企業や石油開発企業等との協働などを経て同船の製品化を目指す。また、バリューチェーン全体を踏まえた顧客ニーズに柔軟に対応するため、コンセプトスタディーを完了した船型をベースとしたさまざまな船型の検討にも引き続き取り組んでいくとしている。

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース