LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

ダイフク/「日に新た館」6月1日大規模リニューアルオープン

2022年05月19日/IT・機器

ダイフクは5月19日、蒲生郡日野町のダイフク滋賀事業所内にある世界最大級のマテリアルハンドリング・ロジスティクスの体験型総合展示場「日に新た館」を6月1日にリニューアルオープンすると発表した。

<リニューアルした「日に新た館」>
20220519daifuku1 520x147 - ダイフク/「日に新た館」6月1日大規模リニューアルオープン

<エントランス>
20220519daifuku2 520x347 - ダイフク/「日に新た館」6月1日大規模リニューアルオープン

日に新た館は、1994年の開館以来、世界約90の国と地域から延べ約50万人の顧客が来館。今回のリニューアルでは、最新のマテリアルハンドリングシステム・機器54種を新たに展示するほか、展示機器の説明だけでなく、場内に配置した大型ディスプレイで、顧客納入事例や現場での活用方法を映像で紹介することが可能となった。これにより、来館者に対して、同社先進技術・システムの優位性を体験してもらい、顧客の課題解決に向けたソリューション提案をおこなっていくとしている。

リニューアルのポイントは、自社で開発・製造した最新のマテリアルハンドリングシステム・機器54種を新たに展示。また、展示機器・システムの説明のほか、場内の大型ディスプレイで顧客納入事例や、現場での活用方法を映像で紹介。

さらに、マテリアルハンドリングに関わる情報発信・顧客との共創拠点だけでなく、同社経営理念「モノを動かし、心を動かす。」の継承・共有・理解の場としての活用とともに、地域社会との共生にむけた施設として位置付けている。

ダイフクの下代博社長は、「このたび、当社の新たなステージに向けて、日に新た館をリニューアルオープンすることになった。当社の強みは、コンサルティング、システム構築から、生産、据え付け、アフターサービスまでのトータルサポート体制を構築しており、マテリアルハンドリングシステムを構成する主要な製品を自社で開発、製造していること。今後も、日に新た館を通して、世界の顧客と向き合い、当社が有する先進技術・システムを見てもらうことで、顧客に満足いただける最適・最良のソリューションを提供するとともに、経営理念『モノを動かし、心を動かす。』のもと、社会課題を解決し、新たな価値創造をめざしていく」と述べた。

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース