LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

郵船ロジスティクス/ベルギーに2024年医薬品倉庫を新設

2022年05月19日/物流施設

郵船ロジスティクスは5月19日、ヘルスケア物流を強化するため、2024年、ベルギー・ジャンブルーに医薬品倉庫を新設すると発表した。

<倉庫外観イメージ >
20220519Yuseroji1 520x364 - 郵船ロジスティクス/ベルギーに2024年医薬品倉庫を新設

8b18a300a73c5bef290e6da83d53815b 520x416 - 郵船ロジスティクス/ベルギーに2024年医薬品倉庫を新設

790d9595ca8ac3034c4e4f7a77f5d828 520x364 - 郵船ロジスティクス/ベルギーに2024年医薬品倉庫を新設

新たな倉庫は広さ4万m2以上。GDP認証を取得し、医療・医薬品をはじめとするさまざまな温度管理の商品を取り扱う。また、自律走行搬送ロボット(AMR)や無人搬送車(AGV)などの移動ロボットを導入し、より効率的なソリューションを提供する。

さらに同社グループでは、2050年までに提供する全てのサービスをネット・ゼロエミッション化するという目標を掲げており、同倉庫に太陽光発電パネルを設置するほか、電気自動車や自転車の充電スタンドを設置し、持続可能な長期的視点に基づいた取り組みを推進する。

欧州では、域内5万地点をカバーする定温混載輸送サービス Pharma Superhighwayにより、年間200万パレット以上の医療・医薬品を取り扱っている同社。

Superhighwayのハブ拠点でもあるベルギーで医薬品倉庫を稼働することで、欧州地域において医療・医薬品物流サービスをさらに強化し、顧客のニーズに応えるサプライチェーン・ロジスティクスサービスを提供していくとしている。

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

物流施設に関する最新ニュース

最新ニュース