LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

サントリーロジ/フォークリフトにLIBと再生バッテリー採用

2022年05月24日/CSR

サントリーロジスティクスは5月24日、物流拠点での温室効果ガス削減に向けた取り組みの一環として、フォークリフトの鉛バッテリーを「リチウムイオンバッテリー(LIB)」と「再生バッテリー」に5月から順次切替えると発表した。

これにより、2030年までの間に使用するバッテリーの製造時に排出される温室効果ガス量を3割削減できる見込み。

<豊田自動織機製リチウムイオンバッテリー「ENELORE」>
20220524suntoly - サントリーロジ/フォークリフトにLIBと再生バッテリー採用

新たに使用するリチウムイオンバッテリーは、豊田自動織機製の「ENELORE」。鉛バッテリーよりも長寿命で、交換頻度を低減することができる。

<イグアス社の鉛バッテリー復元テクノロジー「MOTTA」>
20220524suntoly1 - サントリーロジ/フォークリフトにLIBと再生バッテリー採用

再生バッテリーは、イグアス社の復元テクノロジー「MOTTA」を活用し、寿命を迎えた鉛バッテリーを再度使用可能とする。

なお、同社は2021年11月に稼働した「サントリー浦和美園配送センター」(さいたま市)でこのバッテリー施策の計画をもとに「さいたま市SDGs企業認証制度」の認証を受けている。

サントリーロジスティクスは、先端技術を活用した環境負荷の低減・物流業務の自動化・省力化による労働負荷軽減、作業効率化などを実現する「スマートロジスティクス」の取り組みを進めており、今回のバッテリー施策もその一環として実施する。

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

CSRに関する最新ニュース

最新ニュース