LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

大和ハウス/岡山県津山市に物流施設等21.8万m2の産業団地開発

2022年05月27日/物流施設

大和ハウス工業は5月27日、岡山県津山市と「企業誘致に関する事業連携協定」を締結したと発表した。

<Dプロジェクト津山>
20220527daiwahaouse1 520x316 - 大和ハウス/岡山県津山市に物流施設等21.8万m2の産業団地開発

同協定は、大和ハウス工業が2022年3月から開発している「津山中核工業団地」内の産業団地「Dプロジェクト津山」について、事業者の誘致や雇用創出、地域産業の活性化に資することを目的に締結。

協定内容は、1.「Dプロジェクト津山」に関する積極的な情報発信や早期誘致の実現、2.「Dプロジェクト津山」への立地などを希望する企業に関する情報の共有、3.進出企業への優遇制度や地元人材などの情報の提供、4.工場などの建設における地域の産業振興と雇用に関する配慮、5.目的達成のための必要な事項の5つ。

「Dプロジェクト津山」では、物流施設や製造施設、研究所など事業展開に沿ったエリア拠点などの新設が可能。事業面積は東京ドームの4.6倍となる21.8万m2(販売予定面積:16.5万m2)で、最大5区画での分譲を予定している。

<位置図>
20220527daiwahaouse2 520x201 - 大和ハウス/岡山県津山市に物流施設等21.8万m2の産業団地開発

立地は中国自動車道「津山IC」から3km、大阪市まで170km、広島市まで220kmと交通アクセスに優れ、関西・中国地域を商圏とする企業の拠点にも適している。

津山市と大和ハウス工業は今後、連携しながら積極的に企業誘致を行い、地域の活性化も図っていくとしている。なお、同協定は、同市初の官民連携による企業誘致に関する事業連携協定となる。

■産業団地「Dプロジェクト津山」概要
名称:「Dプロジェクト津山」
所在地:岡山県津山市瓜生原730-2他
交通:中国自動車道「津山IC」から3km、JR姫新線「美作大崎駅」から2km
開発面積:21万8379.63m2
販売予定面積:16万5000m2
事業規模:200億円を予定(土地と建物)

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

物流施設に関する最新ニュース

最新ニュース