LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

ESR/川崎浮島DCにモデルルーム開設、内覧予約受付中

2022年06月08日/セミナー

PR記事

ESRは、川崎市川崎区に建設中の「ESR川崎浮島ディストリビューションセンター(川崎浮島DC)」内に、モックアップルーム(モデルルーム)を開設した。現在、予約制で内覧を受け付けている。

<「ESR川崎浮島ディストリビューションセンター」完成予想図>
20220608esr 520x367 - ESR/川崎浮島DCにモデルルーム開設、内覧予約受付中

「川崎浮島DC」は8月31日竣工に向けて建設中。京浜工業地帯の中心部に位置し、東京都心・横浜中心部へのアクセスに優れ、陸海空による輸送インフラが整った、幅広い物流ニーズに応えることができる物流施設だ。

首都高速神奈川6号川崎線「浮島IC」から300m、首都高速湾岸線と東京湾アクアラインの結節点「川崎浮島JCT」から700mの距離に位置しており、3月に「多摩川スカイブリッジ(羽田連絡道路)」が開通したことで、都心や羽田空港へのアクセスがさらに向上。

羽田空港まで7km、川崎港コンテナターミナルまで7.5km、横浜港大黒ふ頭まで15km、東京湾大井コンテナふ頭まで15kmという立地で、航空・海上貨物を効率的に保管でき、輸出入貨物配送の優位性を備えている。

神奈川県や東京都など首都圏の消費地に近く、関東広域への配送にも最適な立地であるため、成⾧著しいe-コマースや小売業界の商品物流の高い需要にも対応。医療関係など緊急性の高い配送や食品関係のニーズも見込み、冷凍冷蔵貨物への対応も可能となっている。

また、「川崎浮島DC」から徒歩2分に最寄りバス停「浮島バスターミナル」があり、京浜急行「大師橋駅」とJR「川崎駅」から豊富なダイヤでの通勤が可能なため、県内外の広域から労働力を確保できる雇用の観点からも有利な立地となっている。

建物は4階建て、免震鉄骨構造のため、安全性が高く防災面でも優れた施設。物流運営の効率性を重視した設計を行っており、倉庫は1-2階、3-4階のメゾネット式で、最小賃貸区画約2900坪から最大6テナントに分割対応している。

トラックはスロープで3階まで直接アクセスでき、トラックバースは1階に30台、3階に30台を整備。トラックバースの有効奥行きは14.5mを確保し、45フィートコンテナトレーラーも乗り入れ可能。

1-2階、3-4階は各区画に荷物用エレベーター2基・垂直搬送機1基を設置。床荷重は1階2.0トン/m2、2-4階は1.5トン/m2、梁下有効高は1階が6.0m、2・3階が5.5m、4階が5.5~6.5m、柱ピッチは間口11m×奥行11.5mと、物流効率性を重視した仕様になっている。

■モックアップルーム内覧の概要
時間:9:00~18:00の間、1時間程度
場所:ESR川崎浮島ディストリビューションセンター(川崎市川崎区浮島町400-36)【物件概要はこちら】
対象:物流・荷主企業

■申込方法
lease@jp.esr.com宛に必要事項を記載の上、メール(もしくは電話)で連絡。
※申込締切6月22日(水)

<必要事項>
①社名
②氏名(代表者)
③参加人数
④希望日時(複数候補日・時間帯)
⑤交通手段(車で来場の場合は台数も記入)

■問い合わせ先
ESR
Tel:<東京>03-4578-7121(草間・島本・西岡・山本)
<大阪>06-4560-4960(井上・近藤・佐藤・斎藤)

・新型コロナウイルス感染拡大防止のため、完全予約制。
・当日は受付時に検温および消毒液での消毒にご協力下さい。その際37.5℃以上の発熱のある方のご入館はお断りさせて頂きます。
・館内では必ずマスクの着用をお願いいたします。

■「ESR川崎浮島ディストリビューションセンター」施設概要
所在地:川崎市川崎区浮島町400-36
構造:4階建て免振構造、1・3階にトラックバース、1-2階・3-4階の2層貸し
賃貸面積:全体1万9335坪、最小賃貸区画2893坪(3-4階E区画)、最大6テナント入居可能
梁下有効天高:1階6.0m、2階5.5m、3階5.5m、4階5.5〜6.5m
床荷重:1階2.0トン/m2、2-4階1.5トン/m2
縦搬送能力:各区画荷物エレベーター2台、パレット専用垂直搬送機1台
竣工:2022年8月31日

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

セミナーに関する最新ニュース

最新ニュース