LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

アルペン/最新マテハンで物流DX、2024年愛知県に大型倉庫稼働

2022年06月22日/物流施設

アルペンは6月22日、迅速かつ効率的な供給ができる物流システムを構築するため、福玉との協業により、愛知県大口町に4万3000m2の大型倉庫「大口ディストリビューションセンター」(大口DC)を2024年初旬に稼働すると発表した。

<大型倉庫の大口DC>
20220622alpen1 520x293 - アルペン/最新マテハンで物流DX、2024年愛知県に大型倉庫稼働

同倉庫には村田機械の国内最大規模の搬送機器「シャトル型自動倉庫」と、省スペースで高能力を実現した仕分け機「クロスベルトソーター」を導入し、最新マテハン導入による物流業務削減の省人化効果は既存対比6割を見込んでいる。

<シャトル型自動倉庫・クロスベルトソーターを導入>
20220622alpen3 520x212 - アルペン/最新マテハンで物流DX、2024年愛知県に大型倉庫稼働

シャトル型自動倉庫は、保管棚の各段を走行する搬送台車が商品ケースを搬送し、入出庫装置を経由してピッキングステーションに届ける機器。各段に搬送台車があるため時間当たりの入出庫能力が高いのが特長だ。

クロスベルトソーターは、水平方向の移載にベルトコンベヤを使用した自動仕分け装置。様々な荷姿を安定して仕分けられるため高速で運用でき、時間当たりの仕分け能力が高いのが特長。

アルペンでは、アパレル、シューズ、小物(フィットネス用品等)、大物(キャンプ用品等)など、非常に幅広いカテゴリの商品を取り扱っており、物流でそれらを効率良く仕分け、店舗に届けるにはさまざまな課題があった。そのため、カテゴリ別に物流網を再整理し、効率的で無駄がなく変化に柔軟に対応できる強固な物流網を構築するという新物流戦略を立案、実行している。

その第一弾として、2021年に大物、小物カテゴリの専用倉庫(小牧ディストリビューションセンター)を稼働、第二弾となるのがアパレル、シューズカテゴリ専用の新倉庫だ。こうした新物流戦略の実践により同社は、1.店舗までの供給リードタイムの大幅短縮化、2.売場/ブランド別梱包納品による店舗品出しまでの作業簡素化、3.出荷物量コントロールによる庫内作業人数および配送の最適化の3点の実現を見込む。

<大口DC シームレス・マテハンシステム>
20220622alpen2 520x293 - アルペン/最新マテハンで物流DX、2024年愛知県に大型倉庫稼働

大口DCでは、1階に設置するシャトル型自動倉庫と、3階に設置するクロスベルトソーターを自動倉庫の入出庫装置で直結。自動倉庫からの商品の出庫からピッキング、仕分けまで一連の工程がシームレスにつながり、さらに出荷ケースの自動製函機や自動封緘機、自動サイズ計量器なども導入し自動化レベルの高いラインを構築。従来の手作業に比べて6割の作業工数削減を実現する。

大口DCは将来のマテハン機器の増設も容易な計画で、アルペン新物流戦略を中長期で支える物流センターを目指すとしている。

■大口DC概要
所在地:愛知県丹羽郡大口町豊田2-1-1
稼働時期:2024年1月(予定)
延床面積:約4万3000m2(予定)
マテハン概要
シャトル型自動倉庫 7系列 棚総数8328棚
搬送台車:84台
保管能力:4万9488~9万9456ケース
クロスベルトソーター 全長364m
投入ステーション:36か所
仕分け間口:404間口

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

物流施設に関する最新ニュース

最新ニュース