LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

国交省・経産省/物流パートナーシップ優良事業者の募集開始

2022年07月01日/SCM・経営

国土交通省と経済産業省は7月1日、物流分野での環境負荷低減、物流の生産性向上等持続可能な物流体系の構築に関し、顕著な功績のあった事業者に対して表彰を行うため、2022年7月1日から8月26日まで、優良事業の募集を開始した。

グリーン物流パートナーシップ会議とは、物流部門の環境負荷の低減、物流の生産性向上等持続可能な物流体系の構築をするためには、荷主・物流事業者それぞれの単独による取組だけではなく、それぞれが互いに知恵を出し合い連携・協働(パートナーシップ)した取組が必要。「グリーン物流パートナーシップ会議」は複数事業者間の協働による取組を支援し、グリーン物流の普及促進を図ることを目的としている。

応募資格等は、荷主と物流事業者など複数事業者、団体間のパートナーシップにより実施される物流の改善方策を通じ、CO2排出量削減等の環境負荷低減、物流DXや物流標準化の推進等による持続可能な物流体系の構築を実現した取組(1か月以上の実績があるもの)を行った事業者(中小企業含む)を対象とする。

なお、表彰は創設から15年以上が経過し、物流分野での労働力不足やデジタル化の進展など、物流を取り巻く環境は大きく変化。このような環境の変化を踏まえ、複数事業者のパートナーシップによる環境負荷低減に資する取組であることは前提としつつ、表彰の対象をCO2の削減に資する取組に限定するのではなく、昨今の物流分野全般の課題解決に資する取組を幅広く評価できる表彰制度とすべく、見直しを行った。

表彰名は「物流パートナーシップ優良事業者表彰」と改めるとともに、総合物流施策大綱(2021年度~2025年度)の3つの柱である「物流DXや標準化の推進によるサプライチェーン全体の徹底した最適化」、「労働力不足対策の推進と物流構造改革の推進」、「強靭で持続可能な物流ネットワークの構築」のそれぞれに即した部門賞を創設し、特に優れた取組を行った事業者を表彰する。

■物流パートナーシップ優良事業者表彰
大賞:大臣表彰
国土交通大臣表彰
経済産業大臣表彰

部門賞:局長級表彰(※)
物流DX・標準化表彰
物流構造改革表彰
強靱・持続可能表彰(新設)

特別賞:大臣表彰、局長級表彰に準ずる優れた取組の表彰
グリーン物流パートナーシップ会議特別賞

募集期間
2022年7月1日~2022年8月26日

主催:経済産業省、国土交通省、日本ロジスティクスシステム協会、日本物流団体連合会
後援:日本経済団体連合会

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

SCM・経営に関する最新ニュース

最新ニュース