LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

ロジランド/埼玉県春日部市で角川流通倉庫の物流施設竣工

2022年07月11日/物流施設

ロジランドは7月11日、埼玉県春日部市で物流施設「LOGI LAND春日部II」を6月30日に竣工したと発表した。

<LOGI LAND春日部II>
20220708logiland 520x347 - ロジランド/埼玉県春日部市で角川流通倉庫の物流施設竣工

同施設は、地上4階建て延床面積1万9371m2で、角川流通倉庫が利用する。

国道16号線と4号線の交差するエリアに位置し、東北自動車道「岩槻IC」と常磐自動車道「柏IC」にもアクセスが可能。最寄駅の東武アーバンパークライン「藤の牛島駅」からは1.4kmに立地している。

宅配便主要ターミナルも近いことから、ECの物流拠点としても需要が高いエリア。周辺には住宅地も多く従業員確保にも優位性があり、物流拠点としてポテンシャルの高い立地となっている。

施設面では、床荷重1.5トン/m2、梁下天井有効高5.5m、柱スパン10m以上を確保し、環境への配慮から全館でLED照明を採用。また、BCP対策として電気設備の架台の高さを上げて浸水リスクを低減させているほか、停電時に倉庫機能の一部をカバーするための非常用発電機を採用している。

<倉庫内観>
20220708logiland1 520x347 - ロジランド/埼玉県春日部市で角川流通倉庫の物流施設竣工

ロジランドは、春日部市内で物流施設のドミナント開発を進めており、3棟目となる「LOGI LAND春日部III」の開発工事にもこのたび着手し、2023年7月の竣工を予定している。ドミナント戦略を推進することで物流集積地としての発展に寄与し、同市の地域活性化や産業振興に貢献していく方針だ。

なお、ロジランドでは、昨今の建設コスト上昇や用地高騰に対して、独自の発想と工夫で賃料上昇を抑え、当初からのコンセプトの一つである、テナントに寄り添った使い勝手の良い物流施設を最適地・適正賃料で提供していくとしている。

■LOGI LAND春日部II
所在地:埼玉県春日部市永沼252番外
アクセス:東武アーバンパークライン「藤の牛島駅」1.4km
東北自動車道「岩槻IC」10.4km
延床面積:1万9371.95m2
構造・階数:鉄骨造 地上4階建
設計監理:奥野設計
施工:サンエス建設
竣工:6月30日

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

物流施設に関する最新ニュース

最新ニュース