LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

名村造船所/18.2万トン型ばら積み運搬船の第5番船が竣工

2022年07月26日/IT・機器

名村造船所は7月26日、伊万里事業所(佐賀県)で建造していたF.J.LINES向け、18万2000トン型ばら積み運搬船「FRONTIER JASMINE」を引渡したと発表した。

同船は、H-CSR及びNOx排出3次規制適合の載貨重量18万2000トン型ばら積み運搬船の第5番船となる。

<18万2000トン型ばら積み運搬船「FRONTIER JASMINE」>
20220726Namurazosen 520x365 - 名村造船所/18.2万トン型ばら積み運搬船の第5番船が竣工

主要寸法はフランスのダンケルク港へ入港可能な最大船型“DUNKIRK MAX”を志向。共通構造規則(CSR-BC&OT)を適用し、船体構造強度の強化に努めると共に、バラストタンクの塗装性能基準(IMO PSPC-WBT規則)を適用し、バラストタンクの腐食防止に努め、船舶の安全性を高めている。

船型改良のほか、同社独自開発の「Namura flow Control Fin(NCF)」および「フィン付き舵(Rudder Fin)」を装備し、最新型の高効率プロペラを採用することで推進性能の向上を図っている。また、電子制御式主機関の採用により、燃費性能および経済性を向上させた。

主機関および主発電機関には、窒素酸化物(NOx)排出3次規制に適合した機種やエア式船尾管シール装置を採用し、環境に配慮した構成となっている。

さらに港湾内の汚水排出規制を考慮し、生活排水や雨水およびカーゴホールド洗浄水の船外排出を適切に管理すべく、汚水等の貯蔵タンクを装備。

このほか、バラスト水管理条約に適合したバラスト水処理装置を搭載。シップリサイクル条約にて作成が要求される有害物質一覧表(インベントリ)に関する船級符号(IHM Inventory of Hazardous Materials)も取得している。

■主要目
全長:291.92m
幅(型):45.00m
夏期満載喫水(型):18.20m
総トン数:9万3718総トン
載貨重量:18万2130重量トン
主機関:MAN B&W 6G70ME-C9.5 EGRBP 1基
定員:23名
船級:日本海事協会(NK)
船籍:マーシャル諸島

関連記事

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース