LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

パナソニック コネクト/頑丈ハンドヘルドのフラットモデル発売

2022年07月27日/IT・機器

パナソニック コネクトは7月27日、ハンディターミナル・スマートデバイスの機能を1台に集約した軽量・コンパクトな4.7型ハンドヘルド「TOUGHBOOK(タフブック)FZ-N1」シリーズのフラットモデル(FZ-N1フラット)を、8月から順次発売すると発表した。

<FZ-N1フラット>
20220727panasonic 1 520x241 - パナソニック コネクト/頑丈ハンドヘルドのフラットモデル発売

「FZ-N1フラット」はリアカメラ(背面カメラ)とエイマー(読取対象のポインター)を組み合わせた新開発のバーコードリーダー機能搭載により、薄さ18.3mmとポケットに入れやすいスリムかつフラットなデザインとすることで、本体重量約255gと軽量化を実現。

これにより、小売業の店頭や配送業などさまざまな現場で、持ち運びやすく、使いやすくなった。また、一般的なバーコード、二次元コードを読み取ることができ、店頭での検品や荷物のスキャンといった用途での作業効率化に貢献する。

<手袋をしたままでも操作可能。水しぶきによる誤動作も防止>
20220727panasonic1 - パナソニック コネクト/頑丈ハンドヘルドのフラットモデル発売

2016年に発表した「TOUGHBOOK FZ-N1」シリーズは、軽量・コンパクトなボディと頑丈性を兼ね備えた多機能端末として、物流・流通・小売・医療・製造などの現場で活用されている。特に屋外等の利用では、防水・防塵機能が欠かせず、そうした機能を持たない通常のスマートデバイスの故障率が高いため、頑丈かつ高性能なスマートデバイスのニーズが高まっていたことから、これらの現場課題を解決するため、軽量・コンパクトながらも頑丈で多機能な新モデルとしてFZ-N1フラットの発売を決定した。

パナソニック コネクトでは、タフブックシリーズ全体で年間9万台の生産を計画している。

■主な特長
・持ち運びやすいスリムな形状(薄さ18.3mm、質量約255g)
・MIL規格準拠の落下試験(180cm・26方向・合板)
・耐振動(MIL-STD-810G)
・防塵防滴/防水(IP66/68準拠)
・耐高温/耐低温性能(動作時-20度~50度、非動作時-30度~70度)
・日差しの強い屋外でも画面が見やすい高輝度液晶(最大輝度約550cd/m2)
・手袋でも操作できる「高感度近接検知タッチパネル」
・水しぶきがついたままでも誤動作しないパナソニック独自の「水滴誤動作防止機能」
・ノイズサプレッサー機能搭載で騒音下でも快適な通話を実現

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース