LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

cargo.one/JAL CARGOとパートナーシップを締結

2022年07月28日/SCM・経営

cargo.oneは7月28日、JAL CARGO とパートナーシップを締結すると発表した。

これは、日本航空(JAL)の貨物部門であるJAL CARGOとcargo.oneが、デジタル航空貨物予約によって航空会社のスペースを世界有数の市場に提供する事を可能にする、国際的な提携となった。

<パートナーシップ締結の様子>
20220728cargoone 520x368 - cargo.one/JAL CARGOとパートナーシップを締結

JAL CARGOは、ビジネスのデジタル化促進のパートナーとしてcargo.oneを選んだもの。今月からcargo.oneは日本のフォワーダー向けにも利用可能になり、シームレスなデジタル予約体験と、効率と競争力の向上機会を提供している。世界中のフォワーダーにとって、cargo.oneは航空貨物をデジタルで予約するための最良の方法としている。

日本向けの航空貨物量は世界的に見ても多く、東京の空港は一貫して積載トン数でも世界のトップクラスの航空貨物ハブとして機能している。JAL CARGOは日本を代表する航空会社として、2021年に74万トン以上の航空貨物を輸送し、優れた国内ネットワークを提供している。cargo.oneを使用する何千ものフォワーダーは、たった数クリックで即座にリアルタイムのJAL CARGOの容量を検索、予約、修正、追跡できるようになる。

日本の航空会社の貨物スペースのデジタル窓口として、cargo.oneはオンラインの顧客ニーズを最大限に満たすよう、JAL CARGOを含む航空会社に対して専門的な提案をしている。航空会社はデータ分析プラットフォームであるcargo.one360からの、偏りのない純粋なデータから読み取れるグローバルな洞察を活用することができる。

さらに、cargo.oneのグロースマネージャーはJAL CARGOのデジタルパフォーマンスを向上させ、市場の需要を割り出し、そこから得られる学びを収益とスペース管理に活かすためのサポートをする。

cargo.oneを通じたJAL CARGOが持つ貨物スペースの予約は、この夏ヨーロッパ市場から開始する。この提携は2022年にアジア太平洋地域の航空貨物市場への参加を大幅に拡大するためのcargo.oneの動きの大きなステップだとしている。

なお、cargo.oneは、ヘルマンワールドワイドロジスティックス、アジリティ、ダクサー、フレックスポートなどの主要企業を含む、数千のフォワーダーのユーザーベースを提供し、ルフトハンザ、IAGカーゴ、シンガポール航空カーゴ、エアカナダ、LATAM、TAPポルトガル航空、フィンエアー、 エティハド、全日空、日本貨物航空などの数十のグローバル航空会社と提携している。

2020年にAir Cargo News賞を受賞、World Cargo Awardsでは2021、2022と2年連続で『航空貨物業界の情報技術』賞を受賞した。さらに、2022年のInternational Awards for Excellence in Air Cargoでは『航空貨物の革新的なロジスティクスソリューション』賞も受賞している。

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

SCM・経営に関する最新ニュース

最新ニュース