LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

セイノーグループのLOCCO/オートロック付きマンションに置き配

2022年08月01日/3PL・物流企業

セイノーホールディングスは8月1日、グループ会社のLOCCOがビットキー、ライナフの2社と業務提携し、オートロック付きマンションへの玄関前置き配サービスを同日から開始したと発表した。

同サービスは、ビットキーのスマートロック「bitlock GATE」がエントランスに設置されたマンションを対象に、東京都23区の一部エリアから提供を開始する。ビットキーの「bitlock GATE」とLOCCOの「置き配サービスOCCO」をAPI連携することで提供。暗号化通信を用いることで、配送スタッフはセキュアな入館が可能になる。

置き配の流れとしては、マンションの入居者がLOCCOの「置き配サービスOCCO」を活用するECサイトで商品を注文する際に「置き配」を選択すると、配送スタッフが商品配送時に専用スマートフォンアプリで共用部のオートロックの鍵を解錠し配達先の玄関前へ商品を届ける。

同サービスについては、「bitlock GATE」やビットキー製品と連携するマンションの集合玄関機が設置された物件へ対応範囲を拡大し、2024年に対象物件1万棟への提供を目指す。また、受取人の希望に応じて専有部にスマートロックを設置し、玄関内に荷物を届けるドアナカ配送への展開も視野に取り組みを進めてていく。

■サービス対象
エリア:東京都23区の一部エリアから
開始日:8月1日配達分から
対象条件:bitlock GATE設置済みオートロック付きマンション(あらかじめサービスについて案内し、賛同を得た物件が対象)
対象荷物:LOCCOが配送を担当する事業者ECサイトで注文者が注文時に「置き配」を指定した荷物(今後対象のECサイトは順次追加予定)

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

3PL・物流企業に関する最新ニュース

最新ニュース